« 「笑って、トンヘ」第28話29話30話31話 | トップページ | 「春のワルツ」第13話14話 »

2016年5月28日 (土)

「近肖古王」 第16話17話18話

13話から15話も書いた記憶があるのに、また保存せず閉じたらしい・・・

なので、飛んで16話。

ヘ・ゴンに掌握された清河園(チョンハウォン)と扶余の流民を奪還するため、手を組んだタンボム会とヨグ。1ヨグの登場で、扶余の民らも戦う。
ヨサンとヘゴンは逃げる。

一方、百済では官職を剥奪されたチン氏。
一族が生き残りをかけスンを遼西に送る。

2_2


そんな中、逃走したヘ・ゴンとヨサンを見つけたヨグは2人に剣を向ける。3_2ヨグはヨサンに、オラハをだれが殺したのか問い詰めるが、ヨサンは答えない。
ヘゴンはヨファに仕えて高句麗にいたのでわからないと答える。
ヨグは二人の命は助ける。

 

タンボム会はヘ氏の兵士を殺す。
知らせを受けたヨグは駆けつけ、処刑を中止するよう告げる。
兵士らは免れ、百済に帰らされることになる。

 

ヨフィは毎日酒におぼれる日々。

 

父の戴冠の祝いと、前王の弔問に訪れたヨファ。4_2高句麗の王妃として帰らねばならないが、百済で暮らしたいと本心を漏らす。

 

奪還した清河園(チョンハウォン)を巡って対立するヨグとタンボム会。
タンボム会は、清河園(チョンハウォン)を足掛かりに扶余再興を願っていた。

そこでヨグは趙(ちょう)の晋城と高平城を落とすことを提案する。

当時、晋城と高平城は趙の領土だった。
穀倉地帯の華北を手に入れた庁にとって遼西地域は重要な地域だった。
遼西の中心となる晋城と高平城は趙の眼中になかった。
しかし遼西を掌握しようと野望を抱く近肖古王には、戦略的な要所となる2つの城は統治すべき重要な拠点となる。

タンボム会では、大国である趙を相手にすることに賛否あった。
が、タンボム会主ビランは攻めることを決めた。
だが、城を手に入れた後、タンボム会とヨグらが再び同志としていられるかどうかは・・・。

 

そのころ、チン・スンが遼西に着く。5_2

ヨグの護衛パウンは、ヨグを捨てたチン氏であるチン・スンに心が許せない。

タンボム会の策士、アジカイはヨサンとヘゴンに会っていた。
アジカイは城を手に入れた後、ヨサンとヘゴンにヨグを始末させる気だった。7_3


プヨジュンはヨグを殺すために兵を遼西へ向かわせる。

6_3ヨファはヨジュンにヨグを許してくれるよう申し出るが、ヨジュンは当然断る。

そんな中、百済ではプヨジュンの戴冠式が行われ、高句麗と不可侵条約を結び、使臣に帯方の3城を返還すると言い、南堂(ナムダン)に波紋が起こる!8_2

西暦344年、契王プヨジュンはついに百済の12代オラハに即位する。
ピリュ王に玉座を奪われて41年がたっていた。
契王は不安な状態におかれていた。
契王はピリュ王を支持した最大勢力チン氏を味方につけられなかった。
国境をめぐる高句麗との紛争も契王を窮地に追い込んでいた。

帯方3城を高句麗に渡すという話は、ヨグの耳にまで届いた。
よしてサユはウィ・ビランとヨグが手を組み東明団社を作り、扶余復興を目指していることを知る。

東明(トンミョン)団社は百済と扶余の兵それぞれが晋城と高平城を同時に攻め、先に城を落した側が将軍に立つことで合意。
アジカイは、兵をタンボム会とヨグらとに分ける。
アジカイは人数の多いほうの城をヨグらに落とすように言う。

ヘ・ゴンがアジカイに接近。
へゴンとヨサンが送り込んできた兵をアジカイが引き受け、東明にいれる。
チン・スンは怪しいとみるが、パユンらもヨグも、アジカイを信じている。

そんな中、百済では太子の座を巡る心理戦(二人の夫人の戦い)が始まる!

« 「笑って、トンヘ」第28話29話30話31話 | トップページ | 「春のワルツ」第13話14話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「近肖古王」 第16話17話18話:

« 「笑って、トンヘ」第28話29話30話31話 | トップページ | 「春のワルツ」第13話14話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ