« 「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話 | トップページ | 「笑ってトンヘ」第14話15話16話 »

2016年5月16日 (月)

「トンイ」第31話32話33話

1自体が呑み込めないトンイ。

中殿ら南人から守るために、承恩尚宮にしたが、トンイにどう説明しようか悩む王。1_22_21_3自分が尚宮になったのは何かの誤解だというトンイ。3自分の気持ちを受け入れてほしいという王。
それだけいうと去ろうとする王に、ハン内官は泊まらないの?!と聞く。
でも王は照れて、去る

しかし、役人たちは、一度宮廷から逃げ出したトンイは罪人であり、承恩尚宮になどなる資格はないと猛反対。

チョンスも複雑な気持ち。
王に直接会いに行き、トンイへの気持ちを聞いた。
逆に王から、兄として心配してるのか、男として心配してるのか聞かれる。

チョンスはトンイのところも訪ねる。
トンイは官軍の追う剣契(コムゲ)の首長の娘の自分がここにいていいのかどうか悩んでいた。
しかしトンイは王のいないところで暮らしていけるかチョンスに聞かれると、答えは決まっていた。

ユ尚宮はトンイの身辺調査をすることにする。4_2


中殿は、トンイへの反発を抑える代わりに、内禁府につかまっているヒジェを開放してくれるよう取引を持ち出した。

トンイの無事を確保するために、ヒジェを開放、降格して機会を見ることにした。

 

トンイが消えた。5_2チョンスが、トンイ自身のせいではないせいで王のそばにいる資格がないというかもしれないと言った言葉を思い出す。

トンイの父の命日だった。
トンイは山にいると聞き、王は追いかける。7_29_2





チョンスはトンイの過去を焼く。6_2トンイが王のそばで暮らせるように・・・と。

 

トンイが御所を構えるにあたり、仕える女官を選ぶよう言われる。
中殿に目をつけられているトンイの女官に申し出るものはいない。
チョン尚宮とチョンイムが女官を申し出るが、監察府での仕事があるからと、トンイは断る。

降格させられたヒジェは、今までの行動のせいで、他の役人から馬鹿にされ、心穏やかではない。
中殿は、清にこっそり渡した「謄録類抄」により、中殿の産んだ王子が太子と認められる日も近いと。
(渡したのは偽物やから 清からOK出るはずないしね!)

そのころ本物の「謄録類抄」はトンイからソ従事官へ。10清にわたるのを阻止したウンテクを証人として呼ぶため、ソ従事官とチョンスは義州へ向かう。

トンイの御所で疫病が起きる。
そのせいで、トンイのところへ女官たちは行くことを拒んだ。11_2ポン尚宮とエジョンが内人を申し出た。

しかし今回の病も、中殿派の仕業だった。

平民のふりをして街に出たトンイと王。
いきなりの雨で宿に泊まることになった。

12

トンイの御所だけでなく王子の御所でも疫病が!
疫病はトンイが王子を殺そうとした仕業だという噂まで出てきた。
中殿は内命婦で起きたことだから自分がこの事件を調べると王に申し出る。
トンイは独自で疫病の原因を考える。
中殿の差し金で、義禁府はトンイの御所を閉鎖し内人を調べると連行した。
王はトンイを信用しているが、内命婦のことには口出しができない。13トンイは自ら中殿のところへ出向き、自分の命にかけても、事件の真相を調べるから内人を開放するよう要求する。14_2

義州についたソ従事官とチョンスだったが、ウンテクは別の地へ移されていた。
が、実際は山の中で連行していた役人に斬りつけられる!
が、危機一髪の時にチョンスらが助けに入る。
さすがドラマです。

 

トンイは疫病の一件を監察府に調査の協力を請うた。

12


内命婦のことだからと中殿に任せたものの、不安が募る王。

 

疫病が宮女にだけ発病することで、トンイは宮女たちの共通点を捜そうとする。
内人だけでなく、奴婢の女性も倒れる。
病気になった内人と同じものを食べてもいないし、接触もしていない。

 

トンイのことを調べていた中殿派のオ・ユンはトンイとチョンスの奴婢記録がないことを知る。3

掌楽院の目付け役オ・テプンと息子のホヤンは、ファン氏とヨンダルを酒の席に誘い、トンイのことを探ろうとする。4しかし、それを裏で操ってるオ・ユンの酒の席には、トンイの兄の元カノのソリが妓生としてついていた。

 

とうとう監察府からトンイ付きの女官になったエジョンにまで疫病が移る。
女官が何も塗っては水刺間(スラッカン)では病が起きていないことに気づくトンイ。
化粧品が原因だとたどり着いたトンイ。
問題の白粉が出回ったのはトンイが宮廷に入った直後からで、トンイを陥れるためと考えられた。
問題の白粉を宮廷の化粧品を作る補艶署へもっていき、成分を調べてくれというトンイ。
化学が進みすぎてる気がするが・・・。

中殿との約束の3日が経っても原因が突き止められなかったからと、トンイは監察府に呼ばれる。
ポン尚宮は、妓生に人気がある白粉だと聞き、ソリのもとへ行く。
白粉を使った妓生にも病気になる者がいることが分かった。
白粉を売り歩いてる売り子を突き止める。
同じころ監察府のチョン尚宮らも捕盗庁の役人も売り子を見つけ、中殿の母の家を出入りしていたことまでは突き止める。

トンイが監察府に行ったと聞いた王はチョン尚宮に事情を聴く。
王がいきさつを聞いたと分かった中殿はトンイを開放するよう命じる。
トンイは怪しむ。
中殿は、白粉を売った売り子を捕まえ、仕入れた女官らを拷問にかける。
中殿は王に、疫病が流行った時から義禁府を使って調べており5と先手を打った。

それでもトンイを捕まえるとは!と王に問われると、3日で真相を暴くと言った以上、自分の言葉に責任を持たねばならない、それができなかったので、とまた言い逃れ。

王は、疑いながらも中殿に言いくるめられる。

トンイもまた、中殿の権力という力を思い知らされる。
中殿はトンイに宣戦布告。

清からの使いが来たことでヒジェが王に呼ばれる。6清の使臣団が誥命を持ってきたことでソ従事官とチョンスの顔も曇る。
偽の「なんとか抄」を渡したにもかかわらず、ヒジェは罪を免除され、王子の側近となることが予想される。

« 「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話 | トップページ | 「笑ってトンヘ」第14話15話16話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トンイ」第31話32話33話:

« 「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話 | トップページ | 「笑ってトンヘ」第14話15話16話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ