« 「大王の夢~王たちの戦争」第1話 | トップページ | 「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話 »

2016年5月14日 (土)

「大王の夢~王たちの戦争」第2話3話

ユシンは金キツネの追っ手を、自らにひきつけ、その間にチュンチュを逃がそうとした。1_4
が、チュンチュは戻ってきた。
チュンチュ 危機一髪!のところで、ピヒョンの仲間が駆けつける。
2_4先に刃がついてるとはいえ、扇子と長い矛とでは・・・
だがしかし!扇子の勝ち。

だが、ユシンはひどいけがを負う。
鬼門の本営でピヒョンらが治療する。
かなりの荒療治。
10日も寝ていたユシンだが、

一方、金キツネも仲間に助けられた。

金キツネら鬼門を使って、チュンチュの殺害を狙ったユシンの祖父、新羅の貴族、保守派代表スクルチョンとその側近キム・フジクは、ピヒョンら鬼門のせいにしようとした。

王はピヒョン討伐の王命を出す。3_5チュンチュの立太子を反対してるのは太后だとヨンチュンは分かっていた。
王もまた、鬼門がチュンチュを襲ったのではないのは分かっていた。

 

ヨンチュンのもとに戻ってきたユシン。
今回の一件でユシンとチュンチュは仲良くなった。

 

ちょっと覚書・・・
チュンチュの父、ヨンチュンは真智王の息子。
鬼門の首長ピヒョンとは異母兄弟。
チュンチュの母、チョンミョンは現王 真平王の娘、トンマン(のちの善徳女王)の姉。
というわけで、チュンチュは真平王の孫になる。

キム・ユシンの父、キム・ソヒョンはヨンチュンと友達。
キム・ユシンの母、マンミョンは現王 真平王とは異母兄弟。


王宮の宴の席で、チュンチュは、王は救米を民に分け与えるべきだと、真平王に忠言する。
それを聞いて、正気をたククパン葛文王は剣を抜き、暴れだす。
それでも太后はククパンを立太子にしようとする。
血を優先する太后。
そのために、ククパンとトンマンを結婚させようとする。
トンマンは従うと答える。

ユシンの母マンミョンはスクルチョンの子。
でもユシンを花郎に入れるのを反対したり、チュンチュを殺そうとしてるのもこのスクルチョン。

人間関係がわからーーーん!

 

3話でユシンの父ソヒョンとスクルチョンの関係が分かった。
ソヒョンは伽耶族。辺境の民。
花郎で功績をあげていたが、しょせん辺境の民。
スクルチョンの娘と結婚するというのをスクルチョンが猛反対。
しかも既にお腹に子どもまで!
そして二人は駆け落ち。
その末、父娘の縁を切り、ソヒョンは花郎を破門された。
これが罪とされて、ユシンは花郎に入ることを認められなかった。

« 「大王の夢~王たちの戦争」第1話 | トップページ | 「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大王の夢~王たちの戦争」第2話3話:

« 「大王の夢~王たちの戦争」第1話 | トップページ | 「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ