« 「近肖古王」 第16話17話18話 | トップページ | 「トンイ」第37話38話39話 »

2016年5月29日 (日)

「春のワルツ」第13話14話

会場から飛び出したウニョンを引き止め励ますジェハ。
ジェハの告白を聞いて、フィリップに八つ当たりするイナ。1


翌日、イナに呼び出されたウニョン。
辞表を返され驚くウニョン。
だが、養母を思い復職を決意する。2
知らないところで会われるより、見えているほうがマシだと。

 

3ジェハの養母を訪ねたイナ。
子供のころのジェハとの思い出を話す。
そして、わざと、ウニョンに遅れて病室に飲み物を届けさせる。
ウニョンを見たジェハの養母チスクは発作を起こす。4_2
チスクはウニョンの家に来て、別れろと言い放つ。
ショックで寝込むウニョン。

チスクに会いに行ったウニョンの養母ヤンスン。
ヤンスンとチスクの様子を見たジェハ。

ジェハはヤンスンに謝罪する。
ヤンスンは、ウニョンの実母ヘスンの名前を出すが、ジェハは気づかず。

ジェハの母が、ウニョンのことを、パク・ウニョンでなく、ソ・ウニョンと呼んだことが気になり、イナはウニョンに「ソ・ウニョン」と呼びかけてみる。
ウニョンは、抵抗なく返事をする。 

ウニョンが島に母の法事に行く。
ウニョンの養母はウニョンの携帯から連絡してジェハを呼び出し、駅で会う二人。
飲み物を買いに列車から降りたジェハは、島で世話になっていたウニョンの友達ミジュンの母を見かける。
死んだとされるウニョンに電話している姿を見て、追いかけてしまう。
が、見失う(っていうか、気づかず追い抜かしてしまう。韓国ドラマあるある。)
そして列車は出ていく。

 

ジェハの養父は、ウニョンは死んだという。
ジェハは病院へも行くが、そこにはすでに養父が手を回し、ウニョンは死んだことに。

 

ジェハがカナダで大事故にあい、1か月後に現れた時は記憶を失いピアノも弾けなくなっていたという話を聞いたイナ。
ジェハが記憶を失っていること、ウニョンがソ・ウニョンであること・・・

 

ジェハは遅れて島へ来る。6ただ、そこをウニョンの故郷だとは思っていなかった。
自分の知っているウニョンの故郷。

翌日、島でウニョンに出会ったジェハ。
ウニョンがウニョンであることに気付く。

7



母の墓の前で、ウニョンは子供のころ大きな手術をしたことを話す。
ジェハは会えてうれしい反面、スホとその父が何をしたかを考えると申し訳なさが勝つ。
ウニョンが今でもスホ親子を許してないことも知る。8

イナもジェハ(スホ)とウニョンの関係に気付いた。
気づいてないのは、ウニョン本人だけ。

 

ジェハに向かって、思い切って「スホ」と呼びかけるイナ。
ジェハは振り返る・・・。

5韓国ドラマでは、ほぼ毎回のようにあるおんぶシーン。
向こうの人は、そんなにおんぶするんでしょうか・・・?

« 「近肖古王」 第16話17話18話 | トップページ | 「トンイ」第37話38話39話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「春のワルツ」第13話14話:

« 「近肖古王」 第16話17話18話 | トップページ | 「トンイ」第37話38話39話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ