« 「大王の夢~王たちの戦争」第2話3話 | トップページ | 「トンイ」第31話32話33話 »

2016年5月15日 (日)

「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話

ピリュ王を殺したのは、第二夫人であるヨグの母チン・サハだというヨチャン。
濡れ衣を晴らそうと太子宮に来たヨグにヨチャンが剣を抜く。

次男ヨフィはヨグらを捕らえる。1 

サハとヨグらは縄をかけられ罪を問われる。
ヨグは次のオラハに指名され、日月刀を授かったこと。
それを公にするため南堂に人を集めたこと。
ただし、勅旨はないことを訴えた。

 

 

ソスルの三人の息子の中で、ヨフィだけが、サハとヨグがオラハを殺したことに納得ができない。
何かとヨグの肩を持つヨフィ。
一番公平だといえば公平な人。

2ヨフィは拷問に会っているヨグに聞きに行く。
(たとえしてたとしても、私がしましたとは、言わんやろけどねぇ)
そんな時でも高句麗のことを考えるヨグ。

ヨチャンとヨサン、ヘスルがヨジュンの手を借りてやったと分かると、おそらくヨフィが黙っていないだろう。
なんとしてもヨグに、無理ならサハに自白させるというヨジュン。

あとがないと思ったヘ・ソスルは幼いヨモンも牢へ連れていった。3ヨモンにムチ打たれるヨグらの姿を見せつけた。
ヨサンは幼いヨモンを脅迫し、母とヨモンを死なせない代わりに、サハが毒薬を入れるところを見たといわせた。

ヨモンの自白に疑問を感じたヨフィは慰礼宮ヨジュン、太子ヨチャン、弟ヨサン、母ヘスルを調べると宣言する。

サハはモンとヨグを生かせるために、自分がオラハを殺したと証言させられた。 

ヨジュンの動きの悪さにしびれを切らした高句麗のサユは、ピリュの弔問と称して、百済に国相とヘ・ゴンを様子を見るために行かせた。

 

百済 モロ城。籠城するチン・ゴド。
高句麗のコ・チスが兵を率いて来る。

チン・スンはチン・ゴドを呼びに㏄= ㏄=┌( ・_・)┘⇒
モロ城を失ったとしても、取り返せるが、チハとヨグを死なせるわけにはいかないと。

チン氏は慰礼宮と太子らを討つために兵を挙げる。
サハの自白のせいで他の一族らも、太子側につく。
が、ヨフィはチン・ゴトを討つための兵は挙げられないと答えるが、太子の命に従うと言う。
太子はチン氏の官職を解き、チン・ジョンらは捕らえる。

チン・ゴドらの軍が河を渡ってきたことを知り、ヨチャンらは焦る。
ヨグを死なせるとチン氏の反発が強くなると、チハに自害させることにする。
サハは最後に、ヨグに合わせるよう要求する。45

チン・ゴドとヨフィは互いに、撤収するようにらみ合いが続く。

フッカンゴンはヨジュンに会うが、話は平行線。
だが、二人があってることを聞き、ヨチャンは王の座をヨジュンに取られる不安に駆られる。

ヨジュンは高句麗に嫁いだ娘ヨファからの書状で、フッカンゴンの後押しがなければオラハになってもついてくる者がいないといわれ、フッカンゴンの力を得るため、ヨグを助けることを条件に出す。
フッカンゴンはヨグを助けてくれとヨジュンに頭を下げる。

フッカンゴンはヨジュンを12代百済王に推挙した。
百済を滅ぼさないためにヨグは仕方なく、ヨジュンの申し出を飲む。

ヨグもまた、母と共謀してピリュ王を殺したと言わされる。
その言葉にヨフィは怒り、チン氏はヨグを見捨てた。

ヨジュンに裏切ったと詰め寄るヘスル。
ヨジュンは、ピリュがヨグを太子にすると書かれた勅旨を隠し持っていた。
ヨジュンはヘスルに婚姻を迫る。
自分の次にヨチャンを王にしてやると。6

« 「大王の夢~王たちの戦争」第2話3話 | トップページ | 「トンイ」第31話32話33話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「近肖古王(クンチョゴワン)」第10話11話12話:

« 「大王の夢~王たちの戦争」第2話3話 | トップページ | 「トンイ」第31話32話33話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ