« 「トンイ」25話26話27話 | トップページ | 「ロードナンバーワン」第15話16話 »

2016年5月 4日 (水)

「笑って、トンヘ」第1話2話3話4話5話

精神障害のある未婚の女性から生まれ、スピードスケート選手としてアメリカに住んでいる青年トンへ。ある目的で韓国に帰り、調理師として働きながら、新しい家族を作っていく過程を描く。母の出生が明らかになるにつれトンヘの人生は大きく変わって行く――。

どのドラマも、最初の人間関係をつかむまではよくわかんない。

 

1
多分この人がトンヘ。
アメリカ名カール・レイカー。
アメリカ在住。韓国に帰ってきます。
ショートトラックのスケーター。

2この人がユン・セワ。
トンヘの彼女。

 

3セワに言い寄るこの男はキム・ドジン。
カメリアホテルの副支配人。

 

4この人はドジンの母、ホン・ヘスク。
カメリアホテルの雇われ社長。




5この人はヘスクの夫でドジンの父。
放送局のアナウンサー局長、キム・ジュン。
セワの上司?

 

6ヨンギル。
ボンイの婚約者だった。。。?
たぶん1話目だけでもう出てこないかも?

 

 

8イ・ボンイ。
カメリアホテルの料理人。

 

7
ボンイの叔父、イ・ビルジェ。
トンイに出てきたヒジェ役の人。
ビルジェの娘、イ・ソンイ。

9ユン・セヨン。
セワの妹で、ボンイの友達。
ボンイの兄テフンの彼女?

 
ボンイの結納の日、両家の顔合わせも済んでるのに相手の母親が断りに来て破談になった。
ボンイの父の経営していたキムチ工場の倒産が原因らしい。
工場がつぶれたのは、キム・ジュンの誤報のせいらしい。

ボンイはこれからはがめつく稼ぐ!ことにした。

10セワとセヨンの母、ビョン・スルニョ。

以前、セワとセヨンの家が苦しかった時、ボンイの家族が助けてくれたことがあったが、スルニョは昔の話だといい、今はよく思っていない。

11_2
ボンイの両親。ケ・ソノクとイ・カンジェ。

 

12_2トンヘの母、チョ・ドンベク。
アメリカ名はアンナ・レイカー。
精神障害で、精神年齢9歳。

 

13情報によるとアンナの実母らしい。マルソン。
マルソンの夫はカメリアホテルの会長。

が・・・
ドジンの家で、ドジン家族とご飯食べてる。
どういう関係??
1

 

生放送の代役に立つことになったセワ。
代わりにボンイがトンイを空港まで迎えに行くことになる。

 

2ボンイの兄、テフン。
セヨンと付き合っているが、まだ両家には内緒。
セヨンのお腹には双子が・・・。

 

トンヘは韓国に母アンナを連れてきたことは監督に内緒にしてあったので、空港を出たらセワについていくよう、アンナに言う。
セワ以外にはついていくなとトンヘに言われたアンナ。
しかし、セワに頼まれたボンイは渋滞で到着が遅れてた。

3この前ふりからすると、アンナがセワ以外について行かないって騒ぐのかと思ったら、行かないとは言ったけど、騒ぎはしなかった。
セワからの電話であっさりボンイについていった。
ボンイについていくアンナを見て焦るトンヘ。
二人が乗ったバスをタクシーで追いかけるトンヘ、必死。
まぁそうやろなぁ。
セワもトンヘに代わりにボンイが行くってメールぐらいしとけよぉ。

 

 

 

バスに追いついたトンヘはボンイを突き飛ばす。
そのためボンイ手をけがしてしまう。

 

 

1検査のためアメリカに行くマルソンは、韓国を離れている間、40年前に行方不明になってしまった娘トンベクを探してくれと、ドジンの母ヘスクに頼む。

 

9時のニュースのアナウンサになれなかったセワはホテルで酔いつぶれて外泊。
心配したセワの母スルニョは警察の前まで行く。
そこで犯人を捕まえるボンイの叔父ビルジェを見てとなる。

ホテルの部屋から出てきたセワ。
あとから部屋を出てきたのはドジン。
それを見ていたボンイ。

ホテルのロビーでセワはトンヘに合う。

 

トンヘはアンナのためにルームサービスを頼む。
アレルギーなのでナッツ抜きで。
しかし、粥担当と少しの間代わった間に、ボンイがピーナツの粉末をたっぷり入れてしまう。
それを食べたアンナはアレルギーの発作を起こす。
トンヘを探すが、そのとき、トンヘはセワに会いにテレビ局に来てた。

1_3
アンナは救急車で病院へ運ばれる。

セワと遊覧船デートのはずが、ホテルから連絡を受けたトンヘはセワの鞄を持ったまま船にセワを残して病院へ向かう。

アンナを見つけたのは、実の親のマルソンだった。
我が子もピーナツアレルギーで生きていればアンナと同い年だったとことを思い、アンナに会いに行くが、アンナの両親は8年前に亡くなったと聞いて人違いだとあきらめる。

 

病院に駆け付けたトンヘはホテルの責任者に、料理人をクビにするよう要望する。

 

セワとトンイはなんだかんだでけんかをする。

セワはヂジンがカメリアホテルの副支配人だと知る。

 

« 「トンイ」25話26話27話 | トップページ | 「ロードナンバーワン」第15話16話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「笑って、トンヘ」第1話2話3話4話5話:

« 「トンイ」25話26話27話 | トップページ | 「ロードナンバーワン」第15話16話 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ